• 「広告」問わず語り_002

      0 comments

    人気ブログランキングへ

    ☆★☆——————————–

    知識や技術は、
    誰のものでもなく、誰ものものである
    その全てが人類の財産だと思うから

    ————————–

    発行人の太井です。

    拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、よろしくお願いします。

    今回のメニューはコチラです。

    ●「バナー広告」とは

    ●「バナー広告」のサイズ

    ●「バナー広告」の課金

    ●投稿予定テーマ

    ●編集後記

    ———————————
    「バナー広告」とは
    ———————————

    ウィキペディアによると

    バナー (banner) はウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割をもつ画像(アイコンの一種)のこと。

    となっていますが、元来「旗(紋章旗)」のことであり、日本とは異なり(旗のことをバナーと言わない)、欧米では特にこれらのバナーと分けるために「ウェブバナー」と称しています。

    「バナー広告」は、その画像内容におけるデザイン、機能性を含んだ品質の高さによって、広告の価値が異なるものとなり、単なる「面」としての広告ではなく、「機能」を持った仕掛けが可能な広告といえます。

    よって、何らかの宣伝・広告の役割を担う際に、それらを生産するビジネスとしての発展性は大きく、今後もさらに進化していくと思われます。

    では、「バナー広告」には、どんなものがあるかと申しますと・・・

    ———————————
    「バナー広告」のサイズ
    ———————————

    レギュラーバナー :[468× 60](横×高)ピクセル
    スモールバナー :[224× 33](横×高)ピクセル
    レギュラーバッジ :[120× 90](横×高)ピクセル
    レギュラーレクタンクル :[300×250](横×高)ピクセル
    スカイスクレーバー :[120×600](横×高)ピクセル

    等があり、特に[100×100](横×高)ピクセル程度のものをバッジ広告と称します。

    ———————————
    「バナー広告」の課金
    ———————————
    サイト内に、バナー広告を掲載して収益を上げる際の課金制度もいろいろあります。

    インプレッション保証型 :表示回数によって課金するもの。
    クリック保証型 :閲覧者が実際にクリックした回数によって課金するもの。
    期間保証型 :期間のみを保証し、インプレッション数は凡その数を想定します。
    成果報酬型 :閲覧者が実際に商品・サービスを購入した場合に課金するもの。

    等があります。

    また、原稿の入稿においても業者により条件がまちまちであり、費用が変わってきます。

    初心者では、理解できない専門用語などでの条件提示が多いので、画像データ形式やHTMLタグの知識があればよろしいかと思います。

     

    ———————————
    投稿予定テーマ
    ———————————
    ・「メール広告」とは
    ・「リスティング広告」とは
    ・「RSS広告」とは
    ・「インターネットマーケティング」
    ・「サイト運営形態」
    ・「インターネット広告関連法規制」
    .etc

     

    ———————————
    編集後記
    ———————————
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    「『広告』問わず語り」では、インターネット広告に関する様々な情報を掲載し、ご利用いただいている皆様のお役に立つよう発信していければと思っています。ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね。
    では、次回お会いしましょう!!
    (ほうしゅう)

     

    ———————————–
    ブログマガジン「『広告』問わず語り」
    ———————————–
    発行責任者:太井方洲
    公式サイト:http://koukoku.in/人気ブログランキングへ

  • おさえておきたい

      0 comments

    広告祭の紹介をしているブログを見つけましたので、皆様に紹介します。

    http://design.kayac.com/topics/2011/07/award2011.php

    世界の三大広告賞

    カンヌ国際広告祭 世界で最も格調高く有名な広告祭り

    one Show 世界3大広告賞の一つで、2011年は日本作品が6つ受賞

    クリオ賞 広告界のピューリッツァー賞と言われてる

  • 「広告」問わず語り_001

      0 comments

    人気ブログランキングへ

    ☆★☆——————————–

    知識や技術は、
    誰のものでもなく、誰ものものである
    その全てが人類の財産だと思うから

    ————————–

    はじめまして、発行人の太井です。

    ブログを立ち上げました。拙い文章でお見苦しいところが
    あるかも知れませんが、よろしくお願いします。

    初回のメニューはコチラです。

    ●「広告」とは

    ●「インターネット広告」について

    ●発行予定テーマ

    ●編集後記

    ———————————
    「広告」とは
    ———————————

    ウィキペディアによると

    管理可能な広告媒体を通じて、非人的メッセージの中で明示された広告主が所定の人々に商品、サービス、アイデアを情報伝播する活動である。

    というのが、国際的な定義づけとのことです。

    詳しくは、コチラ→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%91%8A

    それは、さておき当メルマガでは、WEB上における広告、すなわち、

    「インターネット広告」についてテーマを絞り、お伝えして行きます。

    ———————————
    「インターネット広告」について
    ———————————

    これまでの広告というものは、媒体と創造性によって創意工夫され世に発信されていました。

    ところが、インターネットが広まるにつれ、デジタルコンテンツに対する技術的な面が駆使されるようになり、技術力によっても効果が沙汰されるようになり、日夜進化し続けています。

    すなわち、媒体+創造性+技術力という関係ではなく、媒体×創造性×技術力というかたちで、相乗的なクオリティの高さを生み出しています。

    インターネット上での最初の広告は、1994年に米国のWEBマガジン「ホットワイアード」に掲載されたAT&T社のバナー広告であるとされています。

    そのときに採用された縦横のサイズ(468×60ピクセル)が、今も基本的なサイズとして使われています。

    では、現在、インターネット広告といわれるものは、どんなものがあるのかを当ブログにて、今後、ご紹介してまいります。

    ———————————
    投稿予定テーマ
    ———————————
    ・「バナー広告」とは
    ・「メール広告」とは
    ・「リスティング広告」とは
    ・「RSS広告」とは
    ・「インターネットマーケティング」
    ・「サイト運営形態」
    ・「インターネット広告関連法規制」
    .etc

    ———————————
    編集後記
    ———————————
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    これから「『広告』問わず語り」では、インターネット広告に関する様々な情報を掲載し、ご利用いただいている皆様のお役に立つよう発信していければと思っています。

    ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね。
    では、また来週お会いしましょう!!
    (ほうしゅう)

    ———————————–
    ブログマガジン「『広告』問わず語り」
    ———————————–
    発行責任者:太井方洲
    公式サイト:http://koukoku.in/

    人気ブログランキングへ