• 「広告」問わず語り_001

      0 comments

    人気ブログランキングへ

    ☆★☆——————————–

    知識や技術は、
    誰のものでもなく、誰ものものである
    その全てが人類の財産だと思うから

    ————————–

    はじめまして、発行人の太井です。

    ブログを立ち上げました。拙い文章でお見苦しいところが
    あるかも知れませんが、よろしくお願いします。

    初回のメニューはコチラです。

    ●「広告」とは

    ●「インターネット広告」について

    ●発行予定テーマ

    ●編集後記

    ———————————
    「広告」とは
    ———————————

    ウィキペディアによると

    管理可能な広告媒体を通じて、非人的メッセージの中で明示された広告主が所定の人々に商品、サービス、アイデアを情報伝播する活動である。

    というのが、国際的な定義づけとのことです。

    詳しくは、コチラ→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%91%8A

    それは、さておき当メルマガでは、WEB上における広告、すなわち、

    「インターネット広告」についてテーマを絞り、お伝えして行きます。

    ———————————
    「インターネット広告」について
    ———————————

    これまでの広告というものは、媒体と創造性によって創意工夫され世に発信されていました。

    ところが、インターネットが広まるにつれ、デジタルコンテンツに対する技術的な面が駆使されるようになり、技術力によっても効果が沙汰されるようになり、日夜進化し続けています。

    すなわち、媒体+創造性+技術力という関係ではなく、媒体×創造性×技術力というかたちで、相乗的なクオリティの高さを生み出しています。

    インターネット上での最初の広告は、1994年に米国のWEBマガジン「ホットワイアード」に掲載されたAT&T社のバナー広告であるとされています。

    そのときに採用された縦横のサイズ(468×60ピクセル)が、今も基本的なサイズとして使われています。

    では、現在、インターネット広告といわれるものは、どんなものがあるのかを当ブログにて、今後、ご紹介してまいります。

    ———————————
    投稿予定テーマ
    ———————————
    ・「バナー広告」とは
    ・「メール広告」とは
    ・「リスティング広告」とは
    ・「RSS広告」とは
    ・「インターネットマーケティング」
    ・「サイト運営形態」
    ・「インターネット広告関連法規制」
    .etc

    ———————————
    編集後記
    ———————————
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    これから「『広告』問わず語り」では、インターネット広告に関する様々な情報を掲載し、ご利用いただいている皆様のお役に立つよう発信していければと思っています。

    ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね。
    では、また来週お会いしましょう!!
    (ほうしゅう)

    ———————————–
    ブログマガジン「『広告』問わず語り」
    ———————————–
    発行責任者:太井方洲
    公式サイト:http://koukoku.in/

    人気ブログランキングへ